スポーツをする時の日焼け止めにはノンケミカルのUVクリームを!

屋外スポーツでの日焼け止めにはノンケミカルのUVクリームを使う方が肌にいいようですよ、そのワケとおすすのスポーツ時に最適なUVクリームを紹介

ノンケミカルのUVクリームとはなんですか?

ノンケミカルのUVクリームとは、なんでしょうか?

f:id:ekusubootecc:20170406110626j:plain


そもそも、ノンケミカルとはなにか?

意味的にケミカルというのは、化学成分という意味をもっています。
ですから、ノンケミカルは、化学成分がない。
つまり化学成分無配合という意味ですね。


ところで、ドラックストアとかで、紫外線対策コーナーで、
UVクリーム等の日焼け止めとかみていると、
POPとかで「ノンケミカル」とかの表記を強調された商品を見ることがありませんか。

 

このように、店頭でアピールされていると、なんかいいように思っちゃいますよね。

 


でも、どうしてノンケミカルがいいのでしょうか。

 

じつは、ケミカルとノンケミカルとでは、
そもそも日焼けを防ぐ仕組みが根本的に違うのようです。

 

ケミカルのUVクリームには、紫外線吸収剤が配合されていて
この紫外線吸収剤にて日焼けを防ぎます。

 

反面、ノンケミカルのUVクリームには、紫外線吸収剤が入っていません。

 

では、どちらがいいかというと、やはり紫外線吸収剤が入っていない
ノンケミカルの方が、肌に負担をかけないということで良いようですよ。